J-REITのしくみ

【不動産投資:】J-REITについて基礎から学ぶ

J-REITのしくみ

不動産投資に挑戦しようという方がここをお読みいただいていると思われますが、まずはJ-REITの仕組みについて簡単にご説明します。
まず、アメリカのREITには投資信託(契約型)と投資法人(会社型)の二種類がありますが、J-REITは後者の投資法人(会社型)と呼ばれる形態をとっています。

不動産投資といいますが、実際に不動産を購入するのではなく、J-REIT(投資法人)の発行する「投資証券」を購入するのです。 株式投資で株式会社が発行する「株式」を購入するのに似ていますね。

J-REITはこの投資証券を売って投資家から集めたお金を用いて、不動産などに投資していくのです。 そして、その不動産投資によって賃料の収入や物件の売買などで利益をJ-REIT(投資法人)あげていきます。 そして、投資証券を購入した投資家たちに投資に応じて収益を分配していくことで利益分配していくのです。

扱う商品が不動産というだけで、株式投資に似たようなかたちとなっているのです。 そのため、株主総会に似たような「投資主総会」といった投資家たちの意思表示の場があります。 投資家たちはこの投資主総会で役員の選任やJ-REIT(投資法人)の方向性などについて意見を述べることが可能になっています。 それに対してJ-REIT(投資法人)も会社のように「役員会」が設置されており、そこで意思決定をしていくのです。

J-REITといわれると若干イメージしにくいかもしれませんが、株式投資の場を思い浮かべるとイメージしやすくなるかもしれません。 不動産投資を始めてみようと思う方は、ぜひJ-REITのしくみについて理解していきましょう。