不動産投資

【不動産投資:】J-REITについて基礎から学ぶ

不動産投資信託「J-REIT」

今や銀行の金利は一言でいえば雀の涙程度で、貯金していてもわずかばかりのお金しか増えていきません。

そのため、貯金していてもただお金を置いておくのとほとんど変わりません。 もちろん、それで損することはありませんが、得することもなくただただ平々凡々とした生活を送ることになるのでしょう。

投資というと、一種のギャンブルのように思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それは偏見です。 むしろ、投資を通じて世の中の社会情勢や経済情勢に対してアグレッシブに関わっていけるようになり、生活に勢いが増すというものです。

投資にも株式、金、国内債券、外貨預金など様々なものがあります。 その中でも、最近注目されているのが不動産をあつかう不動産投資です。 そして、その不動産投資を行う際に関わっていくことになるのがJ-REITです。

REITとは「Real Estate Investment Trust」の頭文字から取っていった名称で、投資信託の一種です。 投資家から集めたお金でオフィスビルなどの不動産を運用し、賃料などを投資家に分配するという不動産投資信託です。 元々はアメリカでREITは誕生し、日本においては2001年から日本版REITとして「J-REIT」がスタートしたのです。

REITには投資信託(契約型)と投資法人 (会社型)の二種類の方式があります。 日本のREIT、つまりJ-REITでは全て投資法人(会社型)を採用しています。 ただ、今ここで説明しても理解できないと思われます、まずは実践しながら理解していきましょう!

皆様もJ-REITで不動産投資に挑戦してみることをオススメします。